ジニアはいつまで咲くのか?詳しい育て方も詳しく解説!

今回はジニア(百日草)について解説していきますが、以前はジニアとは言わず百日草と呼ばれ品種もあまりなくお世辞にもきれいな花だとはいえませんでした。

しかし近年品種改良がされて多くの花色やかわいい品種がでてきました。ジニアはいつまで咲くのかと詳しい育て方をお伝えします。

ジニア(百日草)の概要。

  • 別名:百日草
  • 科名:キク科
  • 分類:1年草
  • 花時:7月から10月
  • 栽培適地:水はけが良い日向(ひなた)
  • 花言葉:遠く離れた友

ジニアはいつまで咲くのか?

ジニアの開花時期

ジニアの開花時期は、種を蒔いた時期によりますが7月から10月に咲きそれ以降は成長が悪くなります。

あたり前ですが、種を蒔くのが遅ければ10月頃に咲き早く蒔けば7月から咲き、また少しづつ蒔く時期をずれせば長いあいだジニアの花を楽しむことができます。

ジニアの上手な育て方

種まきの時期と方法

種蒔きの時期は、早くて4月下旬遅くて7月上旬ですが、これは一定の場所のことではなく温かい地方ほど早く寒い地方では遅く種蒔きをするという意味です。

関東地方を例にとってみれば、4月下旬から5月の上旬までが種の蒔き時で遅く蒔いても花が咲かないということはありませんが、適期に蒔くよりは花が多少劣ることになります。

ジニアの種は大きい方の分類に入り花びらの部分がそのまま種になる変わったわかりやすい植物です。

4月下旬頃になったらジニアの種を蒔きますが、種は大きく扱いやすく発芽適温は20℃から25℃になります。

美しい人気のジニアはこちら当サイトの管理人の私も毎年ジニアは育てています。


蒔き方はトレーに蒔くのが一般的ですが、トレーといってもピンとこないと思いますのでご紹介します。

今回ご紹介するのは種蒔きに適したトレーで軽くて扱いやすくかつ安価なので私も種を蒔く時はこれを使い重宝しています。


トレーに土を入れて割り箸か指の先で筋をつけるように蒔く所に溝をつけて種が重ならないように気をつけて蒔きます。

蒔いたら溝に土を戻す感じで覆土(土をかぶせる)して水を与えます。種を蒔いた時の肥料は必要ありませんが、ホームセンターなどで売られている園芸用土には、あらかじめ肥料が少量含まれていますが、その程度なら問題ありません。

発芽は気温にもよりますが、4月の下旬に蒔いたのであれば1週間もしないうちに芽が出揃います。

肥料に関してはこちら

移植

移植は発芽した苗の本葉が2-4枚の頃ビニールポットなどに移植するか花壇に定植します。

ここでいう移植とは仮に植えることでまた植え直すことですが、定植とはこの場所で育てることであとは移植しないということです。

定植

定植の時期は4月に蒔いたものは6月上旬から中旬に、それ以降のものは本葉が2枚の時に3号ポットに仮植えして本葉が6-8枚のときに定植します。

ここで移植するとか定植するなど扱いが矛盾(むじゅん)していますが、本葉が5枚程度でたら移植を省略してすぐに定植しても構いません。

庭に植える場合は株と株がぶつからないようにまた病気にならないように風通しを良くして株元に化成肥料を与えるのも良い方法です。

植木鉢に植える方法

植木鉢に植える時は、土はホームセンターなどで売っている園芸用土が良いのですが、重たいものを運ぶことになりますので通販が最適です。

植木鉢は5号(1号3㌢×5号=15㌢)の鉢を使い本葉が6枚程度の苗を1鉢に1株排水性が良い土の状態で植えます。

排水性が良いというのはじょうろなどで、水を与えたら鉢のそこからすぐに水が流れ出る水はけが良く水持ちが良い土の状態がベストです。

逆に水を与えてもなかなか水が引かないのは土と土の隙間に細かい粉状の土が入り込んでしまい水はけが悪く根腐れを起こす原因となります。


肥料の与え方

肥料は定植のときに元肥として化成肥料油かすが良いのですが、臭くもなく根腐れもしない緩行性の化成肥料のマグアンプKが最適です。

私もこれを使っていますが、堆肥みたいに匂いがしなくて家の近くあるいは室内で育てる場合は特に良い肥料です。

庭(花壇)に植える場合はやはり植物が好む有機質の肥料を使うのがベストですから堆肥、牛糞、鶏糞、腐葉土などを与えますが、一般的には堆肥や腐葉土は作るのが難しいので通販で購入した方が便利です。

私も利用している優れた肥料をご紹介します。既に完成した肥料なので何も手を加えることなどなくそのまま土に撒けば良いだけです。


管理のコツ

花は次々咲きますが、咲き終わった花柄はこまめに摘み取り(種をつけさせないように)中央部の枝を切ってやればまたそこから花が咲きます。

まとめ

  • 園芸品種が豊富。
  • 種が大きので蒔くのが簡単。
  • 日当たりの良いところで管理。
  • 庭(花壇)植えの場合は有機質・植木鉢の場合は化成肥料。

以上ジニアの開花時期や育て方を解説してきました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする