サルビアの種まきの時期と詳しい育て方を解説【初心者必見】!

サルビアは真っ赤な燃えるような花が印象ですが、実は最近園芸品種が増え青や白、ピンクなどの花色の品種も増えています。

今回はサルビアの種の正しい種の蒔き方と時期、正しい育て方を解説します。この記事を読んでいただければサルビアのことがすべてわかります。

サルビアの概要。

  • 別名:ヒゴロモソウ
  • 科名:シソ科
  • 種別:1年草
  • 花期:7-10月
  • 栽培適地:水はけの良い日向(ひなた)
  • 花言葉:赤:燃ゆる思い、紫:尊敬

サルビアの種まきの時期

サルビアの種まきの時期は4月から7月と言われていますが、私は4月から遅くても5月中旬には蒔いておきたいと思い特に推奨するのが4月中旬に種を蒔くのが一番良いと経験上思います。

その根拠ですが、4月中旬まではサルビアが発芽する気温が低く6月に入ってからでは花時が7月なので季節的にずれてしまうからです。

種の蒔き方

サルビアの種は細かい方に分類されますが、ベゴニアのような細かさではなく慎重に扱えば手で蒔くことができます。

蒔く場所はトレーなどの容器に土を入れ排水が良いか確認したら園芸用土をトレーに入れて種が密集しないように丁寧に蒔きます。

蒔き床といってもよくわからないと思いますので参考に私が良く使っている種まき専用の種まき用のトレーをご紹介します。

種を蒔いたら覆土(土をかける)しますが、種が隠れる程度が最適でサルビアの種は好光性種子(覆土してしまうと光が当たらなくて発芽しない)だと言われていますが私はそうだと思いません。実際に覆土しないと発芽率が低くなりますから覆土は必ず必要です。

発芽適温は25度以上7日程度で発芽してきますのでそれまでは蒔き床の土を乾かさないで管理して下さい。

実は細かい種を蒔くのが面倒臭いという方には簡単に種蒔きができる機械があり一粒一粒手を汚さず正確に種を蒔ける機械です。

ただしデメリットがあり本格的にガーデニングをしたいから手で蒔きたいという方には向きません。

サルビアの育て方

定植のやり方

定植(ていしょく)とは最終的に植えて育てる場所に植えることをいいます。対して移植というのは一時的に仮植えしておいく段階のことです。

定植は蒔き床で育てたサルビアの苗の本葉が、6枚程度になったらあらかじめ土を柔らかく耕しておいた場所に大体株間30㌢位あけて植えます。定植の時期は4月中旬に蒔いたものであれば6月上旬から中旬にかけてです。

場所は必ず日当たりの良い場所で排水性があり比較的肥料を必要としますので欲をいえば牛糞鶏糞あるいは堆肥を土に混ぜれば最適な土になります。

牛糞とか鶏糞、堆肥といっても自分ではなかなか作れるものではないので私が便利だと思う物をご紹介します。

わざわざ重い物を買いに行く必要もないし袋から出して土に混ぜればそれだけで済んでしまう優れたものです。


鉢植えの方法

鉢植えは庭植えと同じく本葉が6枚程度になったら直径15号鉢(5㌢)鉢に1つの苗を植え肥料は緩行性(ゆっくり効いてくる)肥料を土に混ぜて植木鉢にの下穴にネットか軽石を置き排水性が良い土にします。

鉢の上の方は少しあけて排水性が良いかを確認するウオータープールを必ず儲けます。水やりをしたとき鉢の下穴からすぐに水が流れ出る状態であれば良い土の状態でウオータープールからなかなか水が引かないのは水はけが悪い状態で根腐れする可能性があります。

前途したように鉢植えの場合は堆肥などは使いませんので代わりに緩行性の肥料を使うと説明しましたがこのマグアンプKという肥料はとても窒素、リン酸、カリの割合がバランス良く含まれていて肥料負けのしない良いものです。



肥料の詳しいことはこちら

リンク水やり

花壇の場合の水やりは定植した時にたっぷり与えその後は土の表面が乾いたら与えるのが良くあとは特に強い日差しが続いて乾燥するということがなければ1週間に1回水を与えれば十分です。

鉢植えの場合は土の表面が乾いたらすぐにたっぷりと水を与え乾燥すると生育が弱くなるので気をつけます。また即効性の液体肥料を1週間に1回与えればなお良い状態になります。

液体の即効性肥料は種類がたくさんありますが、どれも基本的に1,000倍に薄めて使うものが多く特に良く使われているのがハイポネックスという液体肥料です。1度買えばしばらく使えもちろん効能はサルビアだけではありません。


管理のコツ

乾燥すると生育が悪くなり花が落ちてしまいますので注意するのと8月には各枝に葉を2-3枚残して切り戻してやると秋には再び花を楽しむことができます。

利用の仕方

サルビアで花壇を作る時は赤色の品種をまとめて植えるか、他の色を入れるなら混植しないで区分けした方が見栄えが良く美しいです。

まとめ

  • サルビアの種は好光性といわれているが覆土しなければいけない。
  • 肥料を必要とする。
  • 植える場所は必ず日向(ひなた)
  • 排水性の良い土。

ここまでサルビアについて解説してきました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする