リョウブの開花時期はいつか?詳しい育て方も解説【必見】!

夏に白い小花をたくさんつけ、樹肌と若葉に趣(おもむき)がある落葉樹で、若葉は食用にされこれを炊き込んだのが令法飯(りょうぶめし)といい木の材質は硬く床柱(とこばしら)や庫裏物(くりもの)になる、今回ご紹介するリョウブの花はいつ咲くのだろうか?どのように育てるのだろうか?という疑問にお答えするようにリョウブに関してガーデニング初心者の方にもわかるように解説していきます。

この記事を最後までお読みになれば、聞き慣れないリョウブについて詳しく理解できるようになり育てることも十分可能です。

リョウブの概要

  • 別名:ハタツモリ、サルダメシ。
  • 科名:リョウブ科。
  • 種別:落葉高木(冬になると落葉し大きくなる木本類)
  • 花期:7月から9月/実熟期:11月。
  • 栽培適地:西日の当たらないところ。
  • 花言葉:あふれる思い。

リョウブの開花期はいつか?

リョウブの開花期

リョウブの開花時期は、ちょうど梅雨が開けて暑さが本番になる7月から9月ですが、温かい地方から順に2ヶ月かけて開花していき、白い小花は、一見して栗の花のようです。

品種は、樹高2㍍前後になる一才リョウブ(いっさい)、低木(丈の低い)のアメリカリョウブなどがあります。

リョウブの育て方

植え付け時期と方法

リョウブの植え付け時期は、年に2回あり春の3月から4月冬の11月から12月が最も適していると言われています。植物は基本的に痩せた土地では育たないのでこのリョウブも腐植質(ふしょくしつ)に富んだ、肥沃な土壌を好むので植え穴に堆肥(たいひ)をすき込み欲をいえば落ち葉を土に埋めて発酵させた腐葉土(ふようど)を多めに堆肥と混ぜてあげるのが最も好ましいです。

実際に堆肥や腐葉土をすき込み根が良く張るように土を柔らかくして排水が良いように水が逃げるようにリョウブをやや高く植え付けます。

整枝・剪定(せいし、せんてい)の方法

リョウブの整枝・剪定の時期は、1月から2月が適期で枯枝(かれえだ)や、からみ枝を切って整理し、また地際からでてくるヤゴ(無駄な枝)は早めにかき取るのが良いです。

整枝・剪定の時期は、決まった時期に行わないといけませんが、花期が7月から9月なので、この時期の直前に整枝・剪定をしてしまうとせっかく花を咲かせようと花芽分化(かがぶんか)の準備をした枝を切り取ってしまうと花の数が少ないか全く花が咲かないという可能性もあります。

ちなみに花芽分化とは、枝に花芽をつける準備の時期であり園芸界では、確実にこの時期とはいえませんが、そうであろうと推測される時期のことです。

殖やし方

リョウブの殖やし方は2通りあり1つは播種(はしゅ=種蒔き)で行う方法で、10月下旬に採取した種子を冷暗所に貯蔵し、翌春に浅箱か、平鉢に水苔(みずこけ)を入れて蒔く方法があります。

もう1つの殖やし方は挿し木で殖やすのも可能で、6月中旬から7月上旬(梅雨の時)に新梢(しんしょう=今年伸びた新しい枝)を15㌢くらいに切り水揚げ(みずあげ=挿し木に使う枝に水を吸わせる)して赤玉土か、盆栽によく使う黄色い鹿沼土に挿してあげます。

施肥(せひ)の時期と方法

リョウブの施肥(肥料を与えること)の時期は、2月が最も適期で鉢植えにして屋内に持ち込むわけではないので、鶏糞(けいふん)などの有機質肥料(ゆうきしつひりょう)をスコップに1-2杯埋め込んであげます。

ただ、これをやらなければ、リョウブの花が咲かないとか育たないということはなく施肥を行うことで更に良く育つという意味合いです。

また、緩効性(かんこうせい=ゆっくり効果が現れる)の化成肥料でも構いませんが割高になってしまうことがあります。

病害虫の対処法

リョウブにつく病害虫は特に、5月から6月にかけてで、病気では葉にうどんこをまぶしたように白くなるうどんこ病が発生するので、できればトップジンM水和剤を散布します。

テッポウムシが発生したら、スミチオンの原液を被害にあった穴に2-3個注入して駆除します。

なお、薬剤を指定しましたが、特にその薬剤でなくても良くスプレー式の殺虫剤や殺菌剤でも一定の効果は望めます。

ただ、薬剤を散布する時は、必ず風上に立ちマスクを付けメガネをして身体に薬剤がかからないように気をつけます。

リョウブの利用の仕方

落葉高木なので樹高は8㍍から10㍍で樹肌と若葉に趣(おもむき)があるので、和風の庭に特に向いています。その他の利用は、茶花、生花の材料にも利用されています。

ただ高木でも鉢植えや盆栽に向いている樹木もありますが、リョウブに限っては鉢植えや盆栽のは向かないでしょう。

ブルーベリーはこちら

ノウゼンカズラはこちら

クチナシはこちら

肥料のことはこちら

まとめ

  • 開花時期は7月から9月。
  • 落葉高木。
  • 西日は避ける。
  • 葉は食べられる。
  • 肥沃な土地が良い。

以上リョウブについて開花時期や育て方を解説してきました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

なお、こちらからも楽しいガーデニングをご覧になれます。

スマホでQRコードをスキャンしてリンクを開いてご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする