グラジオラスは支柱を立てることが大切その理由とは【初心者必見】

支柱の立て方が悪いのか、グラジオラスが理想通りに育ってくれないな~。『グラジオラス 支柱』で検索しても、良く分からなかったから詳しく教えて欲しい。

そんな、グラジオラスの支柱の立て方に疑問を持っているあなたの悩みを解決していきます。

【この記事の内容】

  • 日当たりの良いところに植える理由。
  • 支柱を立てる時期と方法

この記事を参考にすることで、グラジオラスをあなたの理想通りに育てることができますので、毎日のガーデニングが、より楽しくなって明るい気持ちになれますよ♪

グラジオラスの植え付けから支柱を立てるまで

球根を植える

グラジオラスの球根は春植ですから3月頃から4月頃に庭(花壇)か植木鉢に植え付けますが、花壇に植える場合は、球根の間隔は10㎝位開けた方が良いといわれていますが、私はもっと狭くても全然かまわないと思います。

球根と球根の間隔が広いよりは、狭い方が株が成長した時にお互いを支えあう支柱代わりになるからです。

ここで絶対に守らなくてはいけないのが、日当たりで日陰や半日陰といわれる大きな樹木の下ではグラジオラスは丈夫に育たず綺麗に咲きません。

グラジオラスの具体的な育て方はこちら

グラジオラスの連作障害はこちら。

発芽する時期

3月の下旬から4月下旬頃に植え付けたグラジオラスは4月の中旬から5月の中旬頃には発芽(芽が出る)してきますので踏まないように注意します。

庭植えの場合は球根を植え付けたらビニール紐などであらかじめ植えたところがわかるように印をつけて置いたほうが安全です。

グラジオラスの花はチューリップとは違い最初から花芽が出来上がっているのではなく光合成によって成長過程で花芽ができる花芽分化(かがぶんか)という時期がありその時の太陽の光で花の咲き方が左右されてしまいます。

発芽したグラジオラス。

成長する時期

発芽して芽が出そろい気温が上がってくるとグラジオラスは、どんどん成長してきます。

一見ひょろっとした株は次第に茎が太くなり太陽の光線を受けて青々としてきますが、この時期は雷雨だったり台風の季節になる頃なので株元に盛り土をしてあげますが、病気を防ぐために土が株にかからないように注意します。

病気と連作障害さえなければ、ぐんぐんと育ちますので3月下旬頃植えた球根は6月の下旬になる前に花穂が出てきますのでそろそろ支柱が必要になります。

グラジオラスの病気と連作障害はこちら

支柱を立てる

地植え(花壇)の場合

蕾が出始めたら支柱を立てていくのですが、ここで間違ってはいけないことはグラジオラスが雨や風で倒れてから支柱をするのではなく倒れる前に全部の株を対象に支柱をかけ安定させることが大事です。

何故倒れる前からわざわざ支柱を立てるかといいますと倒れてからでは遅く一度曲がってしまったり傷がついてしまった苗は元には戻らないからです。

全く支柱を立ててなかった場合に大雨や台風などの強い風に打たれてしまいますと株全体が斜めに倒れほぼ元には戻らなくなるので必ず支柱を立てておかなくてはいけません。

花芽が出てきたグラジオラス

画像のものは一般的な支柱ですが、意外と軽くて取り扱いが楽でホームセンターで安価で売られていますので参考にしてみて下さい。

支柱の立てかたですが一本づつ立てるとコストも労力もかかるので株の両端に支柱を立ててグラジオラスの株全体を覆うようにビニールひもで結びます。

ただ囲うよりも苗の所でビニールひもで一回くらい巻き付けるのが良いのですが、きつく巻くのではなく、緩い程度の方が株を締め付けず良い方法です。

画像の支柱は一本づつ立てられていますが、大量の株だとコストと手間がかかるので両端に支柱を立ててビニールひもで結んだ方が効率的です。

ただ特に細い株などには画像のように一本で支柱を立てて紐で結んであげるのも良いでしょう。

植木鉢の場合

植木鉢にグラジオラスを植える場合は、大きめの鉢を選び球根を詰めて植えることが大事ですが、それは庭植えと同じで球根の間隔を詰めることによりお互いを支えあうからです。

そしてグラジオラスは株が大きくなり重心が高くなりますので、鉢の底に石を置いて重心を低くしてあげれば、倒れにくくなります。

植木鉢の場合の支柱は三本程度で鉢の周りに均等に立てて、一周くらい紐で巻けば十分だと思います。

まとめ

グラジオラスに支柱を立てる意味と方法を解説してきましたがまとめると以下のようになります。

  • グラジオラスは、矮性ではなく(草丈が低い)株が横に広がるわけではなく縦に成長しますから風や雨などで倒れないように支柱を立てます。
  • 支柱は、グラジオラスが倒れてからでは遅く曲がったり傷がついたものは、元には戻らないので倒れる前に全部の株を対象に支柱を立てます。
  • 沢山のグラジオラスの場合一本づつ支柱を立てていては労力もコストもかかりますので両端に支柱を立ててビニールひもで株を覆うようにします。

ここまでグラジオラスに支柱を立てることを解説してきましたが如何でしたか?この記事に関連したグラジオラスの育て方や連作障害もお読みいただければグラジオラスを育てる参考になると思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする