クリサンセマムムルチコーレの寄植えのやり方|育て方も解説!

nana-ne.com

クリサンセマムは原産地がヨーロッパとアルジェリアでキク科の開花期が11~5月のとても耐寒性のある1年草あるいは2年草です。

クリサンセマムは2種類あるのですが1つはヨーロッパ原産の白花のバルドーサム(ノースポール)でもう一つはアルジェリア原産の黄色の花が可憐なクリサンセマムムルチコーレがあります。

特に白花のバルドーサム(ノースポール)は耐寒性が強く雪が積もった場合でも枯れることはまずありません。

今回はクリサンセマムムルチコーレを主に育て方から寄植え(ギャザリング)のやり方を解説していきます。

ムルチコーレと相性が良い*ビオラと組み合わせるのがバランスが取れてとても良い方法ですがビオラより大きい*パンジーだと大きめの花なので少しアンバランスになりがちです。

ムルチコーレの育て方と寄植えのやり方

苗を購入して育てる

クリサンセマムはノースポールもムルチコーレも種から育てられますが、ガーデニング初心者の方や種からは無理という方が多いと思いますので今回はホームセンターなどで気軽に購入できる苗からの育て方を解説していきます。

苗の購入期間は11月から翌年4月までですが、苗が出回ったら早めに購入します。その時の苗の上手な選び方は徒長(ひょろひょろ伸びている)している苗は避けて節と節の間隔が狭い締まった株を選びまた根が良く張ったものが良い苗といえます。

園芸店ではあまり見かけませんがホームセンターなどではポットに植えられている苗は手が行き届かず乾燥している苗もありますのでそのようなものは避けましょう。

ちなみに今回は触れませんが種蒔きの時期は9月中旬から10月中旬で今頃が適期で種が細かいのでピート板に蒔きます。

ビニールポットに植えられている苗を購入したら5号鉢(1号3㌢なので5号は15㌢)に1株植え付けますがこの時、緩行性(ゆっくり効く)の化成肥料を約60㌘位土に混ぜます。

ここで植物を超元気にする活力剤を紹介させて下さい。

この商品は与えるだけで草花はもちろん樹木、野菜も大きくより収穫ができるようになる園芸のプロが絶賛する商品です。

ガーデンコーディネーターの私も自信を持ってオススメできる優れた活力剤です。



ムルチコーレ

kotobank.jp

鉢の種類は素焼き鉢が通気性、排水性、保水性などに優れていますが、蘭などを植える化粧鉢はこの条件を満たしていないので利用しません。

化成肥料は少し位与え過ぎても他の肥料と比べると害がありませんから多少与え過ぎても大丈夫です。

土はホームセンターなどで購入しますが普通の園芸用土が良くいわゆる軽い土は根が安定しないので使用しません。

今売られている園芸用土は最初から植物が育つのに必要な最低限度の肥料が配合されていますので植えるときに化成肥料を追加しなかったとしても問題ありません。

バルドーサム(ノースポール)

flower-ab.com

肥料の詳しいことはこちら。

5号の素焼き鉢の下にビニール製のネットを穴が隠れる程度に敷き化成肥料を混ぜた土を入れて苗を置き、土が固くならないように植え付けますが、この時、鉢一杯に土を盛ってしまうのではなく上を2㌢位あけて排水性が良いか確認するウオータープールを必ず設けましょう。

ちなみに土の状態は水はけが良く水持ちが良い土が良いのでじょうろで水を与えた場合鉢の下穴から水がすぐ流れでる状態がベストです。

蕾が付き数輪花が咲いたら即効性の肥料を1週間に1回与え、置き肥も多少追加したほうが成長が早くてたくさんの花が期待できます。

植物は一部のシダ類を除き太陽の光がとても必要ですのでクリサンセマムに限らず日当たりの良いところで管理しましょう。

ムルチコーレ

delphinium1953.seesaa.net

寄植えの方法

クリサンセマム・ムルチコーレと寄植え(ギャザリング)に合うのはビオラが最適でパンジーのように大きい花だとムルチコーレがボリューム的に負けてしまいますがこのことは冒頭でも述べました。

植木鉢に寄植えしても良いのですがもっとおしゃれにするならハンキング・バスケットがとても良いです。

筆者はムルチコーレにはビオラがよく合うと述べましたが矮性(草丈が低い)のものなら追加しても問題はありませんが、特に注意することは植える株が成長して大きくなることを考えて植えることで植える段階からぎゅうぎゅう詰めに植えてしまうと成長の妨げになり失敗のもとになります。

寄植え(ギャザリング)の例

miyashikaen.com

お得なハンキングバスケットもご紹介しています。

比較検討して一番人気があり筆者が見ても価格的にも良く優れた商品だと思いオススメいたします。

また植え方の基本はシンメトリーで(左右対称)アシンメトリー(左右非対象)にしてしまうとまとまりがなく園芸の世界では左右対称にしないと見た人に不安を与えるイメージと言われていますのでこの植える方法を守って下さい。

ただハンキングバスケットなどに寄植え(ギャザリング)した花は普通の鉢植えに比べ寿命が短いですから苗が余っていたりどうしても寄植えをしたいときに行いましょう。

ちなみにパンジーとビオラの学術的な違いはありませんが、園芸界では花の大きさが5㌢以上のものをパンジーとして花の大きさが5㌢未満のものをビオラと区別しています。

ビオラとパンジーはともにスミレ科で別名サンシキスミレと呼ばれ売りに出される時期もムルチコーレと同じ時期ですので一緒に購入するのが良いでしょう。

ビオラ

bit.ly

ガーデニンググッズ・観葉植物ならブルーミングスケープが安心。

まとめ

まとめとしては次のことが言えます。

  • クリサンセマムは耐寒性が強く特にバルドーサム(ノースポール)は耐寒性が強い。
  • 水はけが良く水持ちが良い土が理想。
  • ウオータープールは必ず設ける。
  • 寄植えはシンメトリーに(重要)
  • パンジーとビオラの違いは花の大きさ。

以上クリサンセマムに関して寄植え(ギャザリング)の方法を解説してきました。

これからは秋植え球根の季節ですので球根の詳しい記事もありますので良かったらお読みいただき参考にして下さい。

チューリップの植え方はこちら

ムスカリの植え方はこちら

次回は芍薬(しゃくやく)の予定です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ガーデンコーディネーターより。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする