カルミアの開花時期はいつか?詳しい育て方を解説【必見】!

今回ご紹介するのは、花径2㌢ほどの白い花や淡紅色の花が固まって咲くカルミアですが、今回は、カルミアの開花時期や詳しい育て方をガーデニング初心者の方にもわかるように詳しく解説していきます。

この記事を最後までお読みいただければカルミアのことが、詳しくわかります。カルミアは一般的に実生(種蒔き)で殖やしますが、成長が遅いため苗を購入した方が無難です。

カルミアの概要

  • 別名:アメリカシャクナゲ
  • 科名:ツツジ科
  • 種別:常緑低木/大低木
  • 花期:5月:実熟期10月
  • 栽培適地:日なた/水はけが良いところ
  • 花言葉:「優美な女性」「大きな野望」「野心」

カルミアの開花時期はいつか?

カルミアの開花時期

カルミアは前途したように、白か淡紅色の花が固まって咲きますが、開花の時期は5月実が熟す時期は、8月です。

カルミアの花を咲かせるにはこのあと説明する11月に行う摘蕾(てきらい)を正しく行うことが重要です。

カルミアの育て方

植え付けの時期と方法

カルミアの植え付けの時期は年に2回で、2月から4月上旬、2回目は9月中旬から11月までで、植える場所は排水と日当たりが良冬季に風が当たらないところが理想です。(理想というのはその条件でなければ絶対いけないということではありません。)

土質「土の種類」は腐植質(腐葉土などを多く含む)の富む軽い土が良く粘土質は好まないので避けどうしても粘土質の場合は適した土を追加してあげますがこれを客土と言います。

また細根性(根が細い)なので、植え穴は浅く広く掘り堆肥やピートモスを多くすき込んでやや高めに植えるのが好ましいです。

また植えたあとは根回りの乾燥を防ぐためと雨などで土の跳ね返りで病気にならないように必ず敷き藁を敷いてあげます。

摘蕾(てきらい)の時期と方法

カルミアはそれほど成長が良いわけではないので整枝・剪定はせいぜい徒長枝(ひよろっと伸びた枝)やふところ(内側)に混んでいる枝を整理するくらいで大丈夫でそれよりも摘蕾(てきらい)が重要です。

カルミアの摘蕾(蕾を摘んで数を少なくする)の時期は11月古い枝からの萌芽力(芽を出す力)が弱いので枝を切ることは避けます。

カルミアは放任(整枝・剪定しなくても)しても自然と樹形を整えますが、今年咲いた枝に翌年も花をつけるのは難しく、隔年開花になりやすいので、蕾が付いたら半分か3分の1程度早めに蕾を摘み取って(てきらい)花の数を減らすようにすると摘蕾した枝には翌春花芽をつけ毎年花を楽しむことができますが、大株になれば特に摘蕾しなくても毎年花を咲かせるようになります。

施肥(せひ)の時期と方法

カルミアの施肥の時期は2月でいわゆる寒肥で肥料ではないですが、株の周囲にピートモス堆肥、腐葉土を敷くと良く育ちます。

腐葉土とは枯れ葉あるいは、落ち葉などを集め発酵させたもので堆肥などと同じく土を腐植質にするのに効果があります。

簡単な腐葉土の作り方

腐葉土を作るのに適した植物のの葉はクヌギ、ナラ、シイなどの広葉樹が最適で、松や杉、ヒノキのような針葉樹は不向きです。

作り方は①落葉広葉樹(クヌギ、ナラ、シイ)の落ち葉を集めジョウロなどを使って水をかけて葉がしっかりと湿る程度に濡らし②湿らせた落ち葉を大型の箱に入れて足で踏みつけ固くします。③良く発酵させるために油かすや米ぬかをばらまいて全体的に混ぜます。④雨が当たらないようにビニールなどで覆い重石を置き1ヶ月後に良く混ぜれば完成です。ビニールの袋でも落ち葉を濡らして同じことをすれば腐葉土が作れます。

病害虫の対処方法

カルミアの病害虫は6月から10月にかけてで、特に7月から8月まではハマキムシが発生するので、スミチオン乳剤1,000倍液を時々散布し葉に3㍉から6㍉の黒点を生じることがありひどくなるとかなり醜くなるので春から秋までの間に3回ほどボルドー液を散布して予防します。

利用の仕方と注意

庭木にする場合は、他の樹木と一緒に植えることは避けた方が良くカルミアだけの単植にした方が良いです。

カルミアは、開花後に殆どの花が実を結んで種を作ります。他の植物も同じことなのは種をつけると養分を吸い取られるので新梢(新しい枝)の伸びが良くなかったり芽が出ないこともあるので翌年花を咲かせないので花房は花が終わるか終わらないかの状態で摘み取ってあげましょう。(考え方は摘蕾と同じです。)

まとめ

  • 花期は5月で実熟期は10月。
  • 植える場所は腐植質(ふしょくしつ)の日当たりが良いところ。
  • 特に整枝・剪定はしない。(徒長枝やふところ枝を整理する)
  • 毎年花を咲かせるなら必ず摘蕾をする。
  • 花が咲き終わる頃に花柄はまめに摘む。
  • 他の植物と一緒に植えない。

ここまで、カルミアの開花時期や育て方を解説してきました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

なお、楽しいガーデニングブログはこちらからもご覧になれます。

QRコードをスマホで読み取りリンクを開いてご覧下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする