ドウダンツツジの開花時期はいつか?育て方も解説【必見】!

今回ご紹介するのは、春にスズランに似た可憐な花をつけ、萌黄色(もえぎいろ)の若葉を経て、秋には鮮やかに紅葉する。日本の山地に自生しその美しさと刈り込みに耐える特性で古くから植栽(しょくさい)されてきたドウダンツツジで樹高が2-3㍍ですが、主幹がまっすぐ伸びるため庭木として整った姿になり古くから生け垣としても愛されてきました。

今回はドウダンツツジの開花時期と詳しい育て方をガーデニング初心者の方にもわかるように解説していきます。

この記事を読めば、ドウダンツツジの開花時期や紅葉時期、また詳しい育て方などわかるようになり庭木として楽しむことができます。

ドウダンツツジの概要

  • 科名:ツツジ科:ドウダンツツジ属
  • 種別:落葉広葉低木
  • 花期:4月
  • 栽培適地:日なた
  • 花言葉:「上品」「節制」

ドウダンツツジの開花時期はいつか?

ドウダンツツジの開花時期

先程も述べましたように、ドウダンツツジの花は、スズランに似た可憐な花で、品種としては特にないのですが、近緑種にサラサドウダン、アブラツツジ、ベニドウダンがあるのですが、ドウダンツツジといえば、白色の花の種類です。

ドウダンツツジの開花時期は4月で、落葉樹ですので春の芽が吹いて、その周辺に花が咲きます。1つ1つの花は豪華ではありませんが、小花が集まって咲く様子はとても可憐です。

さてこれから以降はそんな可憐なドウダンツツジを咲かせるための育て方を順番に解説していきますので、最後までお付き合い下さい。

ドウダンツツジの育て方

植え付けの時期と方法

ドウダンツツジの植え付けの時期は、年に2回で、2月下旬から4月中旬9月下旬から11月で、土は肥沃(ひよく=肥えた)なところが良く、根鉢(ねばち=根の廻りの広さ)よりも1.5倍づつの大きさ(根を広げた大きさが30㌢→45㌢)の植え穴を掘り堆肥や腐葉土(よく肥料のように扱われますが、肥料ではなく土壌の改良剤です。)をすき込んでから排水性が良くなるようにやや高めに植え付けます。

整枝・剪定(せいし・せんてい)の時期と方法

ドウダンツツジの整枝・剪定の時期は5月から6月11月下旬と翌年の2月の2回ですが、冬の間の整枝・剪定は落葉樹のため休眠している時期に行います。

萌芽力(ほうがりょく=新芽をだすちから)がとても高く自在に刈り込みができ、玉仕立てや円錐仕立て(えんすいしたて)生け垣や低い植え込みにも利用できます。

美しい樹形に仕立てるには、1度に強く刈り込まず(強い整枝・剪定をしない)軽い刈り込みを繰り返し行い整えていきます。なお自然の樹形が好みなら整枝・剪定は行わずほぼ放置で構いません。

施肥(せひ)の時期と方法

施肥については、植える時に堆肥や腐葉土で土壌改良してあげれば、特に必要はないのですが、窒素分の少ない緩効性の化成肥料か鶏糞を根本の廻りにまいてあげます。

肥料の3大要素は、窒素、リン酸、カリで微量要素にマグネシュウム、Fe(鉄分)や硫黄、マンガンその他があります。

肥料の詳しいことはこちら

病害虫の対処法

ドウダンツツジの病害虫の発生時期は、主に6月から10月で害虫はハマキムシカイガラムシが発生するので見つけ次第、スミチオン乳剤1.000倍液を散布します。

また、アブラムシはマラソン乳剤かエカチン乳剤の1.000倍液で駆除しますが、薬剤を指定しましたが、この薬剤にこだわる必要はなくスプレー缶で使えるものが売られているので用途にあったものを購入し散布すれば良いです。

ただ簡易式のスプレーの薬剤でも人の身体についたり吸い込むのはよくないので、薬剤を使用するときは長袖、長ズボン、メガネ、マスクを着用し必ず風上に立って噴霧しましょう。

その他には根元にテッポウムシが入るのでよく観察し見つけ次第捕殺してしまうか捕殺に抵抗がある場合には割り箸などで挟んで他のところに移動してしまいましょう。

また、病気はまれにウドンコ病が発生しますが、この病気は葉にウドンコをまぶしたように白い点が現れどんどん大きくなり放置すると葉の先へ先へと伝播(でんぱ=うつる)してしまうので白くなりだした早めに葉を切りとって焼却してしまうのが良いです。

病害虫にやられる原因の多くは、風通しが悪かったり採光(日当たり)が不十分だったりしますので、この点を気をつければ、あまり病害虫に神経質になる必要はありません。

利用の仕方

花も葉もシルエットも美しく花期の4月にはスズランのような可愛い花を咲かせ、秋には紅葉し美しくなり楽しませてくれます。

庭木として1本植えても良いですが、萌芽力が高く強い整枝・剪定にも耐えることができるので多数の株を植えて生け垣仕立てにすると更に美しさが更に増すでしょう。

合わせて読みたい記事はこちら。

クチナシはこちら

キョウチクトウはこちら。

サルスベリはこちら。

まとめ

  • 開花時期は4月。(地方で差があります。)
  • 植え付けは2月下旬から4月中旬、9月下旬から11月。
  • 萌芽力が高く強い刈り込みに耐える。
  • 葉も紅葉して美しい。

以上、ドウダンツツジの花期と育て方を解説してきました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

こちらからも楽しいガーデニングブログがご覧になれます。

スマホでQRコードを読みとりリンクを開いてご覧下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする