手間いらずの宿根草で簡単庭作りおすすめの種類と選び方をプロが解説

ガーデニング初心者の方が、宿根草のことになると育て方が難しそうとか、管理の仕方が難しいと思われるかもしれません。

ですがそのようなことはなく、とても育てやすいのでむしろガーデニングの初心者の方だからこそお勧めしたいのが、一度植えればほぼ手間のかからない半ば放置した状態でも毎年花を咲かせてくれる宿根草です。

一口に宿根草と言っても色々なタイプがありますが、結論を言いますと1年草のように毎年種を蒔くのではなく冬になって地上部は枯れても地下の根が残っていて春が来ると根から新しい芽が吹いてきてそれが夏あるいは秋に花が咲きまた地上部が枯れる。それが宿根草の共通した1年のサイクルです。

手間いらずの宿根草育てやすい初心者でもできる5種

女郎花(おみなえし)

女郎花(おみなえし)は、野生の宿根草で科目はオミナエシ科で原産地は、北東アジアです。

立性(株が横ばいではなく立つということです。)で大きくなると幅が60㎝から100㎝で高さ

は50㎝から100㎝にもなり日向を好み耐寒性(寒さに耐える)が強く耐暑性(暑さに耐える)も強いです。

大きさから鉢植えは、向きませんので花壇向きですが土壌(土の質)は肥えたところが良く成長速度は普通です。(ここで普通というのは1年で見違えるほど成長はしないことです。)

女郎花は寿命がとても長くとても育てやすいのが特徴で秋の七草のひとつで古来から親しまて

いる趣のある黄色い小花は、切り花にも利用できます。

この花は園芸店で購入というより野原に生えている雑草の部類ですので山を散策するときに植

物図鑑をもって探すのがいいでしょう。

植え付けは3月から6月で成長期は4月から11月、花時は6月下旬から10月中旬ですので植え方

は40㎝位の穴を掘り深植えにならないように注意しながら植え付け肥料は有機質の牛糞や鶏糞

などを与えるると良いですが何も与えなくても差し支えありません。

女郎花は(おみなえし)は一度植えたらほぼ放置で大丈夫で手間いらずですのでと

ても育てやすい植物です。花言葉は、「美人」「はかない恋」「親切」です。

宿根アスター

宿根アスターは、別名、シオン、孔雀アスター、ユウセンギクでキク科、北アメリカの原産で

花色は青、橙、黄、白、桃、紫、などです。

草丈は40㎝から100㎝で(日光や肥料が成長の要因です)大きさに幅がありますが、女郎花

(おみなえし)同様肥料の有り無しが成長の要因になります。

栽培するところは株の大きさから植木鉢は向かず、花壇向きですが深植えにしないように植え

付けるように気を付けて下さい。

宿根アスターの特徴は花色の少ない時期に多くの花色がある植物ですので、寂しい花壇を彩り

ますし栽培は、耐寒性、耐暑性が強いので、日向に植えて水を1回与えたらほぼ放置で大丈夫

で植え方は女郎花と同じで、根が良く張るように40㎝ほど掘り柔らかくしてできれば元肥を与えると良いでしょう。

花言葉は、花色全体で、「可憐」「ご機嫌」「友情」「悲しみ」「一目ぼれ」などです。

シュウメイギク

シュウメイギクは、キンポウゲ科で原産地は、中国と台湾です。

花色は、白と、桃ですが、女郎花(おみなえし)と違い園芸品種が増えてくることでしょう。

立性で株幅は、40㎝から70㎝で草丈は50㎝から条件が良いと120㎝にもなりますが

ここでいう条件とは、土壌の質が良かったり肥料が施されていることで植える株間(株と株の

隙間)は約40㎝の間隔で植えますが半日陰を好みますので大きな植物の下などで日差しがこぼ

れてあたるそのような感じです。

耐寒性や耐暑性もあり丈夫な植物で特徴は、背が高く咲き、風にゆったりとなびく秋の情緒を

感じさせる古来から親しまれる花です。

植え方は、ご紹介した他の宿根草と同じで、シュウメイギクの花言葉は、感謝、恋愛です。

芝桜(しばざくら)

芝桜は、芝とつくのがふさわしいほど乾燥に強い植物で土がからからになっても枯れることがなく生育旺盛で芝が張るように横に横に這っていくように成長します。花色は白とピンク、赤

で科目は、ハナシノブ科、別名はナツメグサとも呼ばれています。

芝桜の植える時期は春なら3月から5月、秋植えなら9月から10月で花時は春の4月から5月頃

ですが種は一般に流通していないので苗を購入して植えます。

芝桜専門店があるほど人気の花で直接ご紹介はできませんが、「芝桜」で検索すれば通販

のサイトなどが出てきます。

植え方は、鉢植えでも、庭うえでも可能ですが、画像のような群生は無理ですがやはり株を多

くして色を単色ではなくて違う色をミックスさせて花壇に植えるのがポイントです。

植え方は、土を少しならせばいい程度ですが、芝桜は草丈がごく低いので雑草をきれいに取っ

た後で植えないと雑草に負けてしまいます。

水やりは植えてから2週間は土が乾いたら与えてそのあとは特に必要ありません。

苗の購入ですが100株買えば1株当たり60円という業者もあります。

芝桜は名所が何か所かありますが、埼玉県秩父市の羊山公園が有名でまるで絨毯のようです。

芝桜の花言葉は全般でいうと「合意」「一致」「臆病な心」です。

芍薬(しゃくやく)

芍薬(しゃくやく)は牡丹「ぼたん」科、牡丹属の芍薬です。

牡丹と芍薬は花が似てますが、牡丹は落葉低木で、芍薬は宿根草です。

花色は赤、白、黄、紫、桃、青など多彩で一重咲きもあれば八重咲のものがあります。

芍薬は中国原産で古来から親しまれている植物で苗の入手は、園芸店、ホームセンターなどで

入手できますが、苗を選ぶ際のポイントは葉芽がたくさんついているのを選び植え時は4月か

ら5月で植え方は、穴を50㎝くらい掘り牛糞や鶏糞を施しますが量としては700㌘から1㌔㌘で

他の宿根草と多少違い芍薬は少し手入れが必要です。水を与えたり冬には地下にある株を守る

ためにわらなどを敷きます。

芍薬は、植える時も植えた後も肥料が必要ですが、芍薬はほかの宿根草とは違い植木鉢でも育

てられますが、鉢の場合上手くやらないと株と花は貧弱なものになります。

水は植えるときにたっぷり与えて乾燥したらたっぷり与えます。

芍薬(しゃくやく)の花言葉は、「恥じらい」「はにかみ」「謙遜」です。

まとめ

もっとも育てやすい宿根草5種類を紹介しましたが如何でしたか?宿根草はなじみがなくガー

デニングの初心者では難しいと思われても決してそうではなく種類にもよりますが植えた後は

ほぼ放置で良いという種類が多いです。また野趣あふれるところが見所で耐寒性や耐暑性があ

りとても丈夫な植物です。また野草のものも園芸品種のものもあり入手方法はさまざまです。

これを機会に宿根草を育ててみませんか?とても楽しいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする